検索
この検索ボックスを閉じます。

セラミックと大理石のテーブルトップ – どちらを購入するべきですか?

この詳細な比較でセラミックと大理石のテーブル トップの長所と短所を発見し、BK Ciandre のセラミック テーブル トップが有力な選択肢である理由を理解してください。

ダイニングテーブル 単なる家具ではありません。それは暖かさ、愛情、そして共有される食事の中心地であり、ダイニング ルームの他の要素を中心に展開する中心となります。したがって、適切なダイニングテーブルを選択するには、見た目が魅力的で時代を超越するだけでなく、耐久性と実用性も備えていることを確認するために、慎重に検討する必要があります。

石のテーブルトップに関しては、セラミックとセラミックの 2 つの人気のあるオプションがあります。 大理石。どちらもダイニング ルームにエレガントな魅力をもたらしますが、どちらを選択するかをどのように決めますか?この決定を行う際に役立つ詳細な比較を次に示します。

視覚的および触覚的魅力

自然に産出される石である大理石は、高級感がありますが、やや脆くて重い印象があります。世界中で採掘されており、その品質は産地や各石板のユニークな特性によって異なります。

一方、セラミックは人工物です。高圧下で作成され、1200°C で焼成されるため、硬くて耐久性があり、傷がつきにくく、高温耐性のある表面が得られます。で BKチャンドル、私たちは私たちの セラミックテーブルトップ アルミニウムベースを使用しているため、軽量で耐久性があります。当社のカスタム デザインは、マットな金色の輝きを持つ絹のように滑らかな表面から、天然大理石を模倣したテクスチャまで多岐にわたります。

実用性と機能性

私たちの BK Ciandre セラミックテーブルトップ 大理石を超える耐久性を実現。大きなサイズにもかかわらず、スリムで軽量で、さまざまな質感と色が揃っています。大理石とセラミックはどちらもこぼれや熱に強いですが、耐傷性に関してはセラミックがトップです。さらに、大理石にはない耐酸性があるため、酢やその他の酸性食品による損傷につながる可能性があります。

セラミックと大理石のテーブルトップ - どちらを購入しますか?

メンテナンスと清掃

セラミック製のテーブルトップ BK Ciandre では、その物理的および化学的特性により、メンテナンスはほとんど必要ありません。製造中に密閉されるため、鋭い切り傷や高温にも耐えられます。対照的に、大理石はより頻繁に埃を払ったり拭いたりする必要があります。大理石には専用のクリーナーが必要ですが、セラミックは中性洗剤液で洗浄し、バフ乾燥させることで完璧な仕上がりになります。

コストへの影響

大理石はセラミックよりも価格が高いため、セラミックを求める人にとっては後者が費用対効果の高い選択肢となります。 ミニマルなデザイン。当社の BK Ciandre セラミック テーブル トップは、手頃な価格であるだけでなく、エレガントなデザインとさまざまな仕上げを提供します。

重量と可動性

大理石の重量は、特に部屋の模様替えや移転の際にテーブルを移動する際に問題を引き起こす可能性があります。セラミックは大幅に軽量であるため、柔軟性が高く、特別な機会や休日に簡単に位置を変えることができます。

設計上の考慮事項

スリムなプロファイル セラミックダイニングテーブルトップわずか 1/4 インチのサイズで、厚い大理石のテーブルトップと比べて、洗練されたミニマリストな外観を与えます。

結論

BK Ciandre セラミックと大理石のテーブル トップはどちらも、優れた多用途性と耐久性を備えています。ただし、長持ちし、傷がつきにくく、メンテナンスが簡単なミニマルなデザインがお好みなら、当社のセラミック製ダイニング テーブルがおすすめです。 例外的な選択。

お問い合わせ

連絡先情報にメールアドレスまたは電話番号を残すだけで、さまざまなデザインの無料見積もりをお送りします

bk ciandre の共同創設者兼営業責任者 Angela Peng 氏

私は BK Ciandre の共同創設者、Angela です。サポート チームでは、お客様のビジネス、要件、期待についてお聞きしたいと思っております。フォームに記入してご相談ください。

営業マネージャー陽
セールスマネージャー
営業マネージャー イェジュ
セールスマネージャー チャン・ユーウェイ
セールスマネージャーのマンディ

今すぐフォームを送信して、今すぐ最高の見積もりを入手してください。